HOME > スタッフブログ > こんなにいる!家づくりに携わるその道のプロフェッショナル③基礎工事屋さん

BLOG

スタッフブログ

こんにちは!埼玉県の注文住宅 工務店 黒須建設です。

家づくりには実にさまざまな業種の方が関わっています。
大工さんをはじめ、左官屋さん建具屋さん設計士などなど、その道のプロフェッショナルが力を合わせてつくり上げるマイホーム。具体的にどんな職人・技術者が携わっているのか、気になりませんか?
第3回目は「基礎工事屋さん」です!

第1回目「土地家屋調査士」はこちらから
第2回目「地盤調査・改良工事屋さん」はこちらから

黒須建設の基礎は「ベタ基礎」
基礎」は、家の土台になる大切な場所です。家の重さを支えることはもちろん、構造の土台となり地震の揺れや台風などの強風から家を守ります。
黒須建設が採用しているのは「ベタ基礎」と呼ばれる、床下部分全体にコンクリートを流し入れるタイプの基礎です。
家の重さが基礎全体に分散されるので地盤への負担が軽減されることが特長で、地中からのシロアリ被害や湿気からも家を守ってくれます。

 

●基礎工事とは?
基礎がきちんとしていなければ、どんなにこだわったすてきな建物も台無しです。非常に重要な工程ですので、信頼のおける基礎工事屋さんに工事をお願いしています。
ベタ基礎の工事にかかる日数は、天候にもよりますが約3~4週間。おおまかな流れは以下の通りです。

 

1. 縄張り・遣り方工事……基礎をつくる場所や高さなどの正確な位置を決める作業
2. 根切り・砕石敷き……一度地盤を掘り起こした後、砕石を敷いて地盤を固め、基礎をつくる場所を整えます
3. 防湿シート・捨てコンクリート……地面からの湿気を防ぐために防湿シートを貼り、作業しやすくするために足場となるコンクリートを流します。基礎には影響しない仮のものなので「捨てコンクリート」と呼ばれます
4. 配筋……基礎は鉄筋コンクリートなので、必要な数の鉄筋を組み立てます。配筋は基礎の強度を左右するとても重要な工程で、必ず配筋検査を実施します。
5. 型枠・アンカーボルト・コンクリート……コンクリートが流れ出ないための型枠を組み立ててから「アンカーボルト」と呼ばれる建物の構造材と基礎をつなぐ金具を設置し、コンクリートを流し入れます。
6. 最終確認……コンクリートが固まったら型枠を外して最終チェックし、問題がなければ完成です。

 

これだけの工程を、重機を使うとはいえ1~2人で行うのだからびっくりです!
黒須建設ではご希望があれば基礎工事中の現場もご案内できますので、ご関心のある方はお問い合わせくださいね。

 

次回の「その道のプロフェッショナル」シリーズもお楽しみに♪

 

LINEで送る

カテゴリー: ブログ, 黒須建設について  
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

予約特典

Web・電話からの来店予約で
アマゾンカード1,000円分進呈

家づくりに役立つ情報が満載

家づくり資料無料プレゼント

来店予約来店予約

資料請求資料請求

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます