スタッフブログ

こんにちは。黒須建設工事部の木村です。

夏本番だというのに最近は雨ばかりで涼しいですね。

お客様から「上棟式って何するの?」という声をよく聞きます。そこで今回は上棟式について簡単にご説明したいと思います。

 

上棟式とは、無事に棟木(屋根の頂部に使用する材)が上がったことに感謝をし、今後の工事の安全を祈願するものです。

儀式というほど堅苦しくないので、地鎮祭とは違い神主さんを呼ばないで行われることが多いです。

 

次に一般的な上棟式の流れについて説明します。

【写真1】幣束

①棟梁(工事関係者)が幣束【写真1】を屋根の一番高いところに取り付ける。幣束は南向き又は東向きが良いと言われています。

②お酒・お塩・お米を建物の四隅に清める

③お施主様のあいさつ

④上棟に携わった職人さんの紹介

⑤お施主様から職人さんへ引き出物等を渡す

⑥手締めを行い上棟式終了

※地域によってやり方、順序が変わってくるので、施工業者とよく打ち合わせすることをお勧めします。

 

最近は上棟式を行わない現場が増えてきています。

お金や手間はかかりますが、上棟式を考えてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 注文住宅, 家造りの悩み  タグ:, , , , , , , ,
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
黒須建設の家づくりがよくわかる小冊子プレゼント!! 間取りをいろいろ見てみたい方へ 黒須建設自慢の間取り集129プラン 快適な家を建てたい方へ 黒須建設の家づくりの秘密がよくわかる小冊子 こだわりの家をお考えの方へ 施工事例や断熱・耐震についてよくわかる
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0480-25-1122 電話受付:9:00〜18:00/水曜日休