HOME > スタッフブログ > 電柱 移設って

BLOG

スタッフブログ

ご無沙汰しています

久々の投稿になってしまいました。

営業の藤巻です。

先日、Ⅿ様の上棟がありました。

隣地の桜がキレイで、天気も良く、職人さんたちも気持ちよく仕事が出来たと思いますわーい (嬉しい顔)

私が差し入れ持っていったら、昼休憩中で誰も居なかったのですがwww冷や汗 (顔)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて題名にも書いた、電柱移設ですが、下の写真を見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

電線がつながってる電柱と、そうでない電柱とが並んでるのが分かりますでしょうか?

現在移設作業が始まったばかりなんです。

 

 

 

 

 

 

 

移設はどんな手続きが必要でしょうか?

 

まず、どんな電柱も移設できるわけではない事が重要ポイントです。

費用がどれくらい?っていうのも重要ですね

まずは東京電力のHPの情報を抜粋 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『東京電力 電柱移設』って感じで検索するとたどり着きやすいです。

個人の方の敷地内にある電柱を、同敷地内に移設する場合は、費用かからないケースがほとんどかと思います。

(今回のⅯ様の場合もかかりませんでした。※ただ状況によると思いますので要確認です)

で、手続きの概略は

この東電HPから申込(電柱番号控えてからHPひらくと良いですね。電柱番号は、移動したい電柱そのものに鉄板のような物に番号で書いてあります『地域名 番号』みたいな感じですね)

担当から折り返し。現地立会い(来てくれるのは関連会社の設計の方だと思います)

どんな風に移設したいのか、その方法、手順などを打合せ。その場で移設可能かの返事がもらえる事もあります。

電柱移設の工事担当と打合せ(だいたい電話ですね)

着工。まずは新電柱を建柱。その後何週間もかけて、旧電柱に載ってる、東電の設備移設、NTT等の別会社の設備移設、役所行政の施設が載ってることもあるので、それも移設、その他電柱看板なども付いてる場合もあるので、それも移設

載ってるもの、付いてるものなどを移設完了後、旧電柱の撤去

完了(現地打合せから、ここまで、思ってる以上に日数かかりますので要注意です)

 

が概ねの流れですね。

以上です(くれぐれも、TPOによって違いがありますから参考程度にしてくださいあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)冷や汗 (顔)

M様

これからの進み具合も楽しみにしてくださいわーい (嬉しい顔)

LINEで送る

カテゴリー: ブログ  
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

予約特典

Web・電話からの来店予約で
クオカード1,000円分進呈

家づくりに役立つ情報が満載

家づくり資料無料プレゼント

来店予約来店予約

資料請求資料請求

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます