HOME > スタッフブログ > 耐震等級3って本当に必要なの?【地震に強い家づくり②】

BLOG

スタッフ日記

こんにちは!? 黒須建設 春日部展示場のTです。

 

今回は「耐震等級3って本当に必要なの?」についてご説明します。

今の最新の住宅なら(耐震等級1)どこで建てても倒壊しないと思いますか?

実は1年前の熊本地震では、新耐震基準の住宅も沢山倒壊しています。

では、どうして最新の住宅が倒壊してしまったのでしょう。

それは、熊本地震の特徴として、震度5以上の繰り返しの地震が多かったのです。

震度7が2回、震度6が5回も発生したのです。

1回目の震度7では倒壊しなかった家でも、2回目の震度7で倒壊してしまったのです。

ですから、地震に一番強い耐震等級3の住宅は最低限必要だと考えます。

黒須建設は標準で耐震等級3相当なので、追加費用も掛からず安心ですよ!

それから、標準で耐震補償も付いていますので、本当に安心だと思います。

 

でも、耐震等級3の住宅を建てれば、繰り返しの地震に耐えられるのでしょうか?

 

以上になりますが、次回は「繰り返しの地震に耐えられる構造とは?」

をお伝えしますので、お楽しみに♪ 

 


カテゴリー: 注文住宅, 構造・性能  タグ:, , , , , , , , , , ,
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
来店予約来店予約

資料請求資料請求

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます