スタッフブログ

?

こんにちは! 黒須建設 春日部展示場のTです。

 

みなさんは、マイホームを検討する際に、耐震性など考えたことはありますか?

リクルート調べで、「今、家づくりで重視したいことランキング」では以下の順位になっていますので、今回は「耐震性」についてお話しますね!

1位 耐震性

2位 耐久性

3位 間取り・プラン

4位 断熱性・気密性

5位 アフターサービス・保証

 

近年の大地震としては

1995年の阪神大震災・2004年の新潟中越地震・2011年の東日本大震災・2016年の熊本地震が発生していますので、マイホームを検討する時に耐震性の高い住宅を重視したいと思うのは、当然だと考えます。

工法としては、主に鉄骨と木造がありますが、どっちが地震に強いのでしょう。

一般的には鉄骨の方が強いと思いますよね~

でも、地震力とは重さに比例して揺れが大きくなる性質がありますので、実は、木造よりも重い鉄骨の方が揺れが大きくなるのです。

ですから、鉄骨で耐震性が高い住宅を建築する為には、木造より頑丈に造らなければならないので、コストが高くなってしまいます。

 

それでは、木造で地震に強い住宅を建築する為には、どうしたら良いのでしょう。

実は、品確法で地震の強さを示す基準があります。それを耐震等級といいます。

耐震等級は3つの強さに分かれています。

耐震等級1 は建築基準法の耐震基準になります。(極めてまれに発生する地震でも、倒壊しない程度の耐震性)

耐震等級2 は1の基準の強さの1.25倍の耐震性になります。

耐震等級3 は1の基準の強さの1.5倍の耐震性になります。(最高等級=地震に一番強い住宅)

 

地震に強い住宅を建築したい方は、最高等級の耐震等級3相当の耐震基準の住宅を、お勧めしたいと思います。

 

以上になりますが、次回は「耐震等級3って本当に必要なの?」についてお伝えしますね!        

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 注文住宅, 構造・性能  タグ:, , , , , , , , , , ,
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
黒須建設の家づくりがよくわかる小冊子プレゼント!! 間取りをいろいろ見てみたい方へ 黒須建設自慢の間取り集129プラン 快適な家を建てたい方へ 黒須建設の家づくりの秘密がよくわかる小冊子 こだわりの家をお考えの方へ 施工事例や断熱・耐震についてよくわかる
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0480-25-1122 電話受付:9:00〜18:00/水曜日休