HOME > スタッフブログ > アフター担当からの豆知識☆☆網戸編①

BLOG

スタッフ日記

こんにちは。

アフターサービス担当の一ノ渡です。

前回の屋外鉄部の塗り替えはお役にたてたでしょうか?

そろそろ寒さも落ち着いて、春に向かって暖かくなってくる頃ですね。

この間、お客様のお宅に網戸の張り替えをしてもらいたいという事で現場に行ってきました。

何枚も頼むときは良いのですが、一枚だけ…という時。

サッシ屋さんや、ホームセンター等に頼むと以外にお金かかりますよね。

大きさや自分でお店まで持って行く行かないでも金額は変わりますが、一枚大体3000円~5000円の間ほどはかかります。

一枚だけなのに…結構高いなと思われる方、以外に網戸の張り替えって簡単に出来ちゃうんです。

初めはやはり網の目が斜めになってしまったり、網がかなりたるんでしまったりする事がありますが、慣れてくれば綺麗に張り替えられるようになります。

ということで今回は、夏に向けての準備も兼ねて網戸の張り替えのお話をしたいと思います。

① まずは、網戸をはずし押さえのゴムをはずします。

網のまわりにゴムのような材質の物がはまっていると思います。これを押さえゴムというのですが、このゴムの端を探し、キリなどで端を持ち上げ、あとは手で引き上げながらはずしていき、網を取ります。

※ 押さえゴムは必ず新しいものに交換してください。押さえゴムには種類がいくつかあるので、古いゴムを少し切って店に持って行くと買い間違いがなく安心です。

② 溝のホコリを取り除く

押さえゴムの溝にはゴミ等がたまっているので歯ブラシなどでゴミ等を取り除きましょう。

このゴミを取らずにいると新しく網を張るときにゴムが溝にしっかりはまりません。

③ 網をのせ、位置を確認する

網をのせ、図のように準備をします。

図のように、巻癖がついている方を下にして乗せます。乗せた際に巻戻ってきてしまう場合は、重りになる物を乗せるなどしましょう。

長手方向の図の①は枠から2~3㎝出るようにし、短手方向の図の②は枠から10㎝位出るようにする。

図の④部分は長いままで作業をすることをお勧めしますが、切ってしまう場合は、こちらも10㎝出るようにします。

網の長手方向の両端はほつれない様になっているので切らないでください。

※上記の事をふまえ、網を買う際は、最低でも網戸の長手方向の長さ+20センチ以上の物買いましょう。また、網にも種類があります。ほとんどの物がポリプロピレン製ですが、用途によって塩化ビニール製やペットの爪や火にも強いグラスファイバー製の物があります。網の目の細かさにも種類がありますので、古い網を切って持って行った方がよいでしょう。

今回はここまで。

次回から、網戸の張り替えの本番です。お楽しみに~。


カテゴリー: 豆知識  タグ:
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
来店予約来店予約

資料請求資料請求

掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます